自然に見える!ぷっくり可愛い涙袋

違和感なく涙袋をぷっくりさせるには

涙袋はどうやって作る?作り方の種類をご紹介!

涙袋はどうやって作る?作り方の種類をご紹介! 涙袋があるかどうかで美男美女になれるかどうかが決まるという人もいるほど美しい顔に欠かせない大切な要素です。
しかし、涙袋を作るには整形しかないのでしょうか。
実は、自分で作ることが可能なのです。
作り方にはいくつかの種類があります。
涙袋は正式には眼輪筋と言って、その名前の通り目の周りの筋肉なので、鍛えることができるのです。
両目の両端を押さえ、上下に動かしマッサージすることが一番簡単な方法です。
また、ウインクをすることによっても鍛えることが可能になります。
できるだけ頬の筋肉を使わないように注意しながら行います。
100回を1セットにして毎日コツコツと努力することが鍵となります。
ほかにも目を細くして、眉毛を上げるトレーニング法もあります。
いずれにしても大切なのは1日で終わるのではなく、継続することです。
継続は力なりという言葉の通り、続けないと全く効果は期待できません。
少なくとも3週間程粘り強く続けていくなら、効果を実感できるはずです。

整形で涙袋を作って可愛らしく若々しい印象に

整形で涙袋を作って可愛らしく若々しい印象に 目の下に涙袋があるのは、それだけで若々しく魅力的な印象になります。
元々涙袋がある人もいますが、ない人はそれが欲しいとメイクによってそう見せる努力をしたり、目の周辺のマッサージなどを行っている方もいますが、自力ではむずかしいものがあります。
そこで良い方法として整形で作る方法があります。
それは目に下にヒアルロン酸を注入して膨らます方法です。
事前にしっかりとカウンセリングを行い、その人の顔に適した涙袋を作っていきます。
ヒアルロン酸は元々体内に存在しているものであることでなじみやすく、トラブルが起きにくいことや簡単なプチ整形ということで人気です。
涙袋が出来ると微笑んで見え、優しい印象になります。
また目元がはっきりすることで目が大きく見えるメリットもあります。
もう一つの方法としてはした瞼の筋肉を縮めるように縫うことで丘を作るようなイメージで作ることも可能ですが、これには高い技術力が必要とするので医師の経験度や実績もしっかりと下調べしておくことが大切です。

copyright (C) 2018 自然に見える!ぷっくり可愛い涙袋. All Reserved.