自然に見える!ぷっくり可愛い涙袋

メイクでつくる涙袋の作り方

メイクでつくる涙袋の作り方

メイクでつくる涙袋の作り方 魅力的な目元に見える涙袋は化粧で作ることも可能です。使う化粧品はアイライナーとハイライトの2種類だけです。アイライナーは茶色の色を選びます。ペンシルタイプやジェルタイプなどの種類がありますが、細いラインを目の下に描く必要があるので筆先が細いリキッドタイプがおすすめです。薄い茶色のアイライナーで涙袋のラインを描きましょう。そのままだと不自然な印象になってしまうので、綿棒を使い境目をぼかしていきます。
次にハイライトを目の下に入れるのですがアイライナー同様、色選びには注意が必要です。あまり白っぽいものだったり、ラメが大きすぎるものだと悪目立ちしてしまいます。自然な仕上がりになるよう細かいパールが入っている、ベージュやピンクベージュといったカラーのハイライトがおすすめです。涙袋のぷっくりとしている部分に、ハイライトをのせていきます。ハイライトも肌に馴染ませるようにして塗れば、涙袋メイクの完成です。

自然な涙袋の作り方はトレーニングにあり

自然な涙袋の作り方はトレーニングにあり 涙袋をメイクなどで作ろうと思うと、どうしても不自然になりがちです。自然に見える作り方は、ずばりトレーニングです。涙袋は誰にでもあるものです。ただそれが目立つか目立たないかの問題です。そこで正しいトレーニングを行うことで、自分が本来持っている涙袋を引き出すことができます。
「眼輪筋」これが涙袋の正体です。名前通り筋肉なので、鍛えることでどんどん発達していきます。一番簡単な方法は、ウインクです。目を強く何度も瞑るだけで眼輪筋を鍛えることができます。しかし頬の筋肉を使うと意味がありません。コツは下まぶたに力を入れてウインクすることです。お風呂に入っている時など、思いついたらいつでもできる簡単な方法です。1日100回を目標に頑張りましょう。
トレーニングの他にもマッサージも効果的です。目の下をマッサージして、むくみをとることが大切です。コツは、力を入れすぎないことです。目の周りはとてもデリケートなので優しくマッサージして下さい。そして滑りをよくするために、アイクリームなどを必ずつけてから行うようにしましょう。

copyright (C) 2018 自然に見える!ぷっくり可愛い涙袋. All Reserved.